So-net無料ブログ作成
検索選択

冬の散歩道 一の倉沢へGo! [アポロ]

那須で雪遊びをした翌週は、群馬県みなかみで雪遊び[雪]
雪遊び、というよりはスノートレッキングをしに谷川岳一ノ倉沢まで行って来ました~[わーい(嬉しい顔)]
一ノ倉沢は昨年の秋に来たことがあって、
スノートレッキングのコースとしても楽しめそうだと思いました。
(よかったら10月のブログ「一ノ倉沢ハイキング」参照してみてください)

トイレ中のパパを待つアポロ。
ソワソワして落ち着かず

DSC_0118_1.jpg

3人揃って、いざ出発
にこにこアポロ〜

DSC_0122 (1)_1.jpg

秋に来たときには、一ノ倉沢までは平坦な道のりでしたので、
それほど大変ではないだろうと思っていたのですが…
路面はカッチカチで滑って転びそうです。

DSC_0121 (1)_1.jpg

思いのほか、積雪量があり
登山指導センターから先は除雪されてなく数メートルの雪壁を登って行くことに…

登山届を記入し提出!
無事に帰ってこられますように…

DSC_0128 (1)_1.jpg

この日は、アポロにしては珍しく天気に恵まれました~[晴れ]
まわりの雪景色が最高です[exclamation]

DSC_0133_1.jpg

最初から急斜面を登りちょっとハード…[あせあせ(飛び散る汗)]
本当にこの道で良いのかも不安…[たらーっ(汗)]
トレース跡をたどって進みます[足]

DSC_0137_1.jpg

一ノ倉沢までは3.3キロの道のり。通常ですと、1時間ほどのコースですが
雪の中だとどれくらい時間がかかることやら…。
高速道路渋滞で2時間近く予定をオーバーしてしまい、11過ぎのスタートとなってしまったので
時間との戦いでもあります

斜面の細いトレース跡からスノーシューをはみ出さないように慎重に歩くのですが、
左右のスノーシュー同士がぶつかったり、踏んづけてしまったりして歩きにくかった~[ふらふら]
今までになく苦戦したコースです[がく~(落胆した顔)]

DSC_0141_1.jpg

出発して1時間ほどしてマチガ沢に到着[exclamation]
壮大な景色です~

DSC_0146_1.jpg

DSC_0149_1.jpg

DSC_0160_1.jpg

目的地はまだ先、頑張って歩くぞ~[パンチ]
ここから先も滑りやすい斜面の道を歩いていきます。

アポロは浮かれぎみに歩いてたのですが、足元を踏み外しあわや滑落という事態に[がく~(落胆した顔)]
幸いにもぱぱの腰にリードを付けていたので引き上げて事なきを終えましたが、本当に危なかった~[あせあせ(飛び散る汗)]

私もその少し後ろを歩いてたのですが、山の斜面の細いトレース跡はツルツル滑り、
「これ以上先には進めないのでは」と思いました。
ちょうど、反対方向から一組の登山者が来て、「スノーシューでは歩きにくい」
と教えてくれました。なので、スノーシューを脱ぎスノーブーツで歩くことに。
確かに、こっちのほうが歩きやすい

何人か登山者とすれ違いましたが、スノーシューはいている人より、
アイゼンを付けている人のほうが多かった気がします。
一時はどうなるかと思いましたが、苦労した甲斐があって、
一ノ倉沢の絶景を見ることができました。

DSC_0164_1.jpg

DSC_0170_1.jpg

時刻は13時半。
ここでお昼を食べます。

DSC_0177_1.jpg

時間も時間なのでゆっくりと食事はできませんが、
鍋焼うどんで体を暖めます。
アポロもだいぶ疲れているようす[バッド(下向き矢印)]

谷川岳の尾根に太陽が沈みかけ
まだ14時だというのに薄暗くなってしまいました。

DSC_0178_1.jpg

もう少しこの景色を堪能したかったですが、日没までに下山しないと…
谷川岳に別れを告げるぱぱとアポロ。

DSC_0180_1.jpg

下山途中、疲れたのかお座りして動かなくなるアポロ…
もう少しでゴールだよ[exclamation]頑張れ[パンチ]

DSC_0183_1.jpg

みんなで頑張って歩いたので、帰りは1時間半ほどで下山できました。

DSC_0190_1.jpg

今回歩いたコースは、山の斜面を歩くので、雪崩に巻き込まれる恐れがあるとのこと。
現地のツアーガイドさんは湯檜曽川から上がっていくコースで案内しているようです。


危険な思いをさせてごめんねアポロ~[たらーっ(汗)]




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ
にほんブログ村
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: